未分類

WordPressのスラッグとは?カテゴリー作成時には必ずスラッグを設定するべき

WordPessには「スラッグ」と呼ばれるものがあります。

ざっくり言えば、「スラッグ」を設定することでページのURLを変更することができます。

この記事では、スラッグの設定方法と、なぜスラッグが必要なのかついて解説します。

カテゴリーとスラッグについて

スラッグはカテゴリーとセットで使われることが多いです。

なのでカテゴリーにおけるスラッグの設定方法をみていきます。

スラッグの設定方法

まずカテゴリーにスラッグをつける方法ですが、「サイドメニュー」→「投稿」→「カテゴリー」から設定します。

slug説明画像

 

このカテゴリー設定ページでは、「新規カテゴリー作成」と「作成済みカテゴリー編集」の2つができ、ここでスラッグの設定が可能です。

ちなみにこの画面以外でも、投稿画面からカテゴリーを作成することができるのですが、この際に1点注意が必要です。

それは、投稿画面でカテゴリーを作成する場合スラッグを決められないので、スラッグがカテゴリー名で設定されてしまっているということです。

スラッグの設定によるURLの違い

スラッグの有無による違いをみるために、「テスト」というカテゴリーを作成してみました。

こちらは特にスラッグの指定をしていないため、カテゴリー名の「テスト」がそのままスラッグになっています。

slug 説明画像

 

 

この状態で「テスト」のカテゴリーページのリンクを押すと下記のようなリンクになります。

 

slug url

URLに日本語が含まれていますね。

スラッグを設定した場合

slugの説明画像

では「テスト」というカテゴリーに「test」というスラッグを設定してみます。

この設定をした上で「テスト」カテゴリーのリンクをみると下記のようなURLになります

slugの説明画像

URLのカテゴリーの箇所がが日本語から英数字に変わりました。

 

要は、スラッグを使うと、実際に表示される名前とURLを変えることができるのです。

 

なぜ変えるのかというと、サイトのURLにはなるべく日本語を使わない方がいいためです。

URLに日本語を使わない方がいい理由

全世界のURLのほとんどは英数字で構成されており、URLに日本語が含まれるケースはほとんどありません。

実際にいくつかデメリットがあります。

・URLをSNSなどに貼り付けた際にURLの日本語箇所が非常に長くなり不信感を与えてしまう

・日本語がURLに入っていることによる思わぬ不具合の発生が起こり得る

 

とはいえ、実際に見える画面上としては日本語の方がわかりやすいため、URLだけは英数字にするためにこのスラッグが用意されているのです。

カテゴリーにスラッグを設定する上での注意点

基本的にカテゴリーには英数字のスラッグをつけることが望ましいので、新規でカテゴリーをつける際にはスラッグを設定した方がいいです。

ただ一点注意が必要なのが、すでに作成されているカテゴリーで、そのカテゴリーでたくさんの記事が投稿されている場合です(特にURLにカテゴリーも含むように設定している場合は要注意)

この場合には、このカテゴリーにはスラッグの変更をしないほうが好ましいです。

なぜかというと、スラッグを変えるということはURLが変更されることになるため、今までのページの価値がリセットされてしまうためです。

まとめ

・スラッグはサイトの見た目上では日本語だが、URLは英数字にするために設定する。

・日本語のURLは好ましくない

・すでに存在しているカテゴリーのスラッグを変更する場合には注意が必要。

 

カテゴリー作成時にはスラッグをつける癖をつけておくと、後々苦労しなくておすすめです。

 

以上、WordPressのスラッグに関してでした!