TOEIC

TOEIC600点のレベルとは?就職に有利なの?勉強法も徹底解説!

TOEIC600点

英語の実力を数値化できるTOEIC。

英語の実力を数値で可視化できることから企業の採用など様々な場面で利用されており、就活目的などでTOEICを始める方も多くなっています。

TOEIC学習を始めた方はまず600点を目指すという人が多いです。

 

この記事ではTOEICで600点の難易度や、600点を取得するための期間・勉強方法などについて詳しく解説します。

TOEIC600点の評価・実力は?

TOEIC600点の評価

TOEIC600点は「履歴書に書いて評価されるギリギリのレベル」です。

一般的な学歴でいえばMarch(マーチ)が近いと思います。

英検に例えれば2級程度の実力です。

周りが高学歴だらけな環境やネットの掲示板などでは評価されないかもしれませんが、日常の中であれば十分評価されるレベルといえます。

TOEIC600点は就職や転職には有利?

TOEICは就職に有利?

僕もそうでしたが「就活を有利に進めるためにTOEICを始めた」という方も多いかと思います。

僕の場合には就活のために大学時代に半年間必死にTOEICを勉強し、300点台だったスコアを645点まで伸ばしました。

実際に600点台を取り就職活動をした経験を元に話せば「大企業からは評価されないが中小企業であればある程度の評価をしてもらえる」という印象でした。

 

一般的にはTOEICで600点あれば十分高得点とみてもらえるため、外資系の会社を受けるようなケースを除けば、自信をもって履歴書に書いても大丈夫かと思います。

ただし「TOEIC600点取得」とだけ書いてもインパクトが薄いので、「どのように勉強したのか?」や「なぜ英語を学習したのか?」などを添えて書くと相手により良い印象を与えられるはずです。

TOEICで600点を取るためにはどのくらいかかるの?

TOEIC600点取得に必要な時間

とりあえず600点を取りたいけど、どのくらいかかるんだろう?

このように思っている方も多いのではないでしょうか?

 

600点を取るまでの時間は現在のスコアによって異なってきます。

一般的にTOEICで100点上げるためには180時間から200時間程度の学習時間が必要です。

参考までに当時大学生で300点だった僕は1日に3時間の学習を半年続けることで645点までスコアが上がっています。

 

TOEICで600点を取るまでの時間の目安はおおよそ以下の通りです。

現在300点台の人:540時間

現在400点台の人:360時間

現在500点台の人:180時間

TOEICで600点を取得するための学習方法・参考書

TOEICで600点を取る学習方法

TOEICで600点を取るために必要な学習方法を紹介します。

まず先に伝えておくとTOEIC600点は基礎レベルの知識のみで取ることが可能です。

 

そのためまずは、

・基礎的な単語

・基礎英文法

・問題への慣れ

ができることが大切になります。

おすすめの単語帳

英語学習においてもっとも大事なのが英単語です。

これはTOEICにおいても当てはまり、特に600点以下の場合には語彙力不足である確率が高いです。

TOEICではあまり難単語は出ませんが、最低1冊はやっておくと良いでしょう。

 

受験時代に使っていた単語帳を使いたいという方も多いかと思いますが、TOEICはビジネス用の単語が出題されるため使い回しはあまりオススメできません。

TOEIC用の単語帳に関しては『金のフレーズ』と呼ばれる単語帳がTOEICの鉄板です。

[実際の金のフレーズの写真]

この参考書の著者である『TEX加藤』さんはTOEICで26回連続満点を取得した、正にTOEICオタクであり毎回問題の研究のためにTOEICを受け続けているそうです。

僕もこの『金のフレーズ』を使っていますが非常によくできており、本番に出てくる率も高いためこの一冊信じてしっかりと覚えてしまうことが大切になります。

英文法

英文法に関しては最低限の知識で十分です。

とはいえ、

・5文型

・自動詞と他動詞の違い

・関係代名詞

などがわからない場合文章を読むことが困難なため、一冊文法書を読む必要があります。

文法に関してはTOEIC固有のものはないため、学生時代に使っていたものがあれば大丈夫です。

不安な方は中学・高校生レベルの本を一冊やっておいても良いでしょう。

 

TOEICへの慣れ

最低限の英単語と英文法を抑えればあとはひたすら本番形式の問題を解くだけです。

TOEICで600点を取るためには公式問題集のみで十分です。

書店に行くと様々なTOEIC対策の本が売っていますが、どの本よりも公式問題集の方が質が高いです。

 

実際僕が半年間で300点台から645点まで伸ばした際には単語帳と過去問5冊をひたすらやるのみでした。

TOEICの問題集は非常に質が高いため、英語力の向上にも繋がります。

やっておいて損はないでしょう。

TOEICで600点を取るためのアプリ

TOEICで600点を取るためのアプリ

上記で600点を取る方法を紹介しましたが、これは5年ほど前の僕が点数を伸ばした方法です。

実は最近でもTOEICの学習をしており、現在は785点まで点数を伸ばしています。

そんな僕が仮に今600点を目指すのであれば間違いなく「アプリを使った学習」を選択します。

 

5年前では考えられなかったですが、スマホ全盛の現代では非常に優れたTOEICの学習アプリが多数存在しています。

中でも僕はリクルートが出している「スタディサプリ TOEIC」というアプリを使って学習しています。

正直このアプリを知っていると、いないではかなり学習効率に差が出ると言ってしまえるほどクオリティが高いです。

 

実際に僕は270時間以上このアプリを使って点数を大幅に伸ばしているので参考にしてみてください。

【体験談】「スタディサプリ TOEIC対策コース」の口コミ・評判は?実際に242時間使ってみた

 

少し値段が高いのがネックですが、正直このアプリを極めれば700点以上は軽く取れると思います。

無料で体験も可能なのでぜひ試してみることをオススメします。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!


TOEIC600点はコスパがいい

ここまでTOEIC600点のレベルや、600点を取るため学習方法などについてみてきました。

実際に取ってみると「こんなものか」と思えるレベルではあるのですが、600点を取得しておくと就活や周りからの評価などで良い評価をもらえるため「かなりコスパの高い資格」といっても過言ではありません。

就活などで特にアピールするものがない方や、自分の英語のレベルを知りたい方はまずTOEIC600点を目指してみるのも良いでしょう。